賃貸マンションの雨漏りについて

雨漏りについて 最近の大家さんと入居者の間でよくトラブルになることがあります。
そのトラブルの要因の一つとして、入居者が家賃を支払わないことがあります。
そうなると大家さんは仲介業者を通して家賃を納めるよう注意していきます。
他のトラブルとしては賃貸マンションの不備があります。
特に賃貸マンションの不備として多いのが雨漏りになります。
雨漏りがある賃貸アパートでは住むことに対しても支障が出てくるため非常に大きな問題となります。
そのため、入居者は仲介業者を通して、しっかりとした対応を取ってもらえるように交渉してきます。
しかし、大家さんにとっては、賃貸マンションを経営していく中で、雨漏りの修繕などは非常にお金がかかってしまうので、経営自体が赤字になってしまう可能性があります。
そのような場合には必要最小限の修繕で済ませるため、時間が経過すると再び雨漏りが発生してしまう可能性があります。
このように大家さんと入居者とのトラブルをきっちりと対応していく必要があります。

注意したい賃貸マンションの維持費

賃貸マンションの契約をこれからしようとする場合、たいていは月々の家賃の金額が安いかとうかという点にだけ注目してしまいがちなものですが、むしろそのほかの維持費についても検討しておいたほうがよい場合があります。
賃貸マンションの維持費といえば、まずは契約書に書かれているものとして、毎月の家賃以外の管理費、駐車場の使用料、有線放送の使用料、自治会の会費などといったものが挙げられます。
これらも家賃と同様の固定的な経費ですので、むしろ家賃と一体のものとしてとらえておいたほうがよいといえます。
これらをトータルの金額で考えた上で、他の物件と比較して、高いか安いかを判断することが妥当というわけです。
そのほかにも、毎月の電気代、水道代、ガス代などといったものは、やはり維持費のなかまに含まれますが、これは使用した分量に応じて徴収されることになるため、場合によっては使用を節約することで、金額を少なく抑えることも可能になるかもしれません。