土地活用として相続税の対策が出来る賃貸マンション

土地活用として相続税の対策が出来る賃貸マンション 相続税の対策として、注目されているのが賃貸マンションです。
毎月一定額の家賃が入ってくるので、安定した収入になります。
土地活用については、専門家にアドバイスを受けるのが一番です。
自分が持っている土地に、どのような賃貸マンションを建てるといいか判断ができます。
資金についての相談も、可能です。
これからは、相続税がかなり高額になり子供に影響します。
土地活用で、利益を出せばしっかりと資産も残りますし、老後の安心感も増してきます。
まずは、ネットから相談することが早道になります。
相談前に、もしもわからないことがあればメモをしておくと便利です。
土地によって、一人暮らしが多い地域かファミリーが多い地域かも判断してアドバイスが受けれます。
駐車場を広くとるとか、エントランスを魅力的にしたいとか自分の希望も話すことができます。
周辺の家賃相場についても、ある程度はネットからも確認ができます。
収益物件ができると、心の安定感もあります。

アパートよりも頑丈な賃貸マンション

アパートとマンションの分類は難しいところがありますが、躯体で言えば 木造、軽量鉄骨構造がアパートには多く 重量鉄骨、鉄筋コンクリート構造がマンションであると言えます。
木造、軽量鉄骨に比べ 10メートル以上のくい打ち に始まりそれにつながる基礎部分が頑強な重量鉄骨、鉄筋コンクリートは耐震性なども高く 頑丈言えます。
木造構造でも地震に強いといわれる2x4(ツーバイフォー)が壁面で地震などの振れを抑えるといわれますが 一般住宅よりも重量が重い賃貸物件は重量鉄骨、鉄筋コンクリート構造が頑丈と言えます。
アパートより賃貸料が 高いですが、最近の賃貸マンションはオートロック、防犯カメラなどの設置率が高いので 安全面では安心です。
物騒な事件が多い昨今 オートロック、防犯カメラを入居条件とする一人暮らしの女性が増えています。
賃貸マンションの不動産情報で 構造が鉄骨と表記されている物件が散見されますが 軽量鉄骨と重量鉄骨では 鉄骨の太さはもちろん 鉄の厚みが異なります。
太くて暑いのが重量鉄骨です。
賃貸マンションを探されている方で 頑丈な躯体構造を望まれるのなら 不動産屋にこの点を確認されるようお勧めします。