賃貸マンションで挨拶するべき?

賃貸マンションで挨拶するべき? 賃貸マンションで暮らすとなった場合、引っ越してきた挨拶をするべきかどうかを迷う方が増えていますが、答えは越してきたのが家族なのか独身なのかで変わります。
まず家族の場合は挨拶するべきでしょう。
特に小さい子どもがいるなら尚のこと、家族総動員で行くべきです。
子どもが立ててしまう騒音も、子どもがいるとわかっていればよほどの事情がない限りは、隣近所の方も目をつぶってくれます。
よく子どもが原因で出てしまう騒音が苦情になる話を耳にしますが、大半は引っ越してきた時に挨拶をしていなかったことにあります。
特に両隣、真上真下の部屋の方には、どうしても都合が合わずに直接会えないなら、手紙を書いてポストに入れるという方法でも構いませんので、必ず何らかの形で挨拶をしましょう。
反対に独身で賃貸マンションに引っ越してきた場合は地域性によります。
マンションのオーナーや不動産屋に相談するのが無難です。
特に女性は、よかれと思ってしてしまったばかりに思わぬトラブルに巻き込まれたりしますから、自分ひとりで決めずに、必ず相談しましょう。

賃貸マンションの足音について

賃貸マンションではどうしても利益を優先しなければならないこともあるため、建物のつくりは一般のマンションよりも劣っている場合が多いです。
特に壁の厚さや床の厚さに関しては一般のマンションと比べても賃貸マンションの方が薄くなります。
このため、家に住んでいる際に足音が気になってしまうことがよくあります。
そのような場合は、上の階の人に大家さんを通してクレームをつけることができます。
足音の場合は、賃貸契約をした不動産会社を通してクレームをつけるのが自分自身のためと、相手の住居人のためには良いです。
もし直接クレームを言いに行った場合、お互いが感情的になり、関係が悪化する可能性があるためです。
しかし、不動産会社を通していうことで、お互いの関係性を保つこともできますし、この手のクレームに関してはマニュアルがありますので、上手く伝えることも可能です。
そのために家賃も払っているため、もしクレームをしっかりと受け付けてくれます。